生命保険の知識

生命保険の基本

生命保険と聞くとその種類、保障内容は数が多く、わかりにくいという印象をお持ちの方が多いかと思います。ここでは、出来るだけ簡単に保険の種類について見ていきたいと思います。実際どのようなときに保険金が支払われるのかを主観としてみていきましょう。

死亡保険
被保険者が死亡または高度障害になった場合に保険金が支払われる保険です。
死亡保険の中でも、保険期間を定めているものを定期保険、保険期間が被保険者の一生にわたっているものを終身保険と呼びます。また、両者をあわせて、終身保険に定期保険を上乗せした定期保険特約付終身保険と呼ばれる死亡保険もあります。

定期保険特約付終身保険は一定期間死亡の保障が大きなものとなっています。利用方法としては、たとえば子供がいる家庭の場合にそのお子様が成人するまで死亡保障を大きくする、または年金が受け取れる年齢までは保障を大きくするなどの方法が考えられます。

生存保険
契約してから一定期間が満了するまで被保険者が生存していた場合のみ保険金が支払われる保険です。
実際には年金保険、貯蓄保険などのように、生存保険を主体として、それに各種の死亡保障がつけられた形として販売されています。

生死混合保険
死亡保険と生存保険を組み合わせた保険です。被保険者が保険期間の途中で死亡または高度障害になったときや、保険期間満了まで生存したときに保険金が支払われます。

死亡保険と生存保険を同じ割合で組み合わせたものを養老保険と呼びます。また養老保険に定期保険を上乗せしたもの定期保険特約付養老保険といい特徴としては満期保険より死亡の場合の保障が大きくなっています。

定期と終身について
上記で定期と終身という言葉がでてきましたが、それぞれの特徴を挙げてみます。定期の保険では基本的に満期の保険金はなく、保険金額が保険期間中変わらない定額タイプが主流ですが最近では保険料が一定でも、契約後一定期間ごとに保険金額が減っていく逓減定期保険や、保険金額が増えていく逓増定期保険もあります。

一方終身でも満期保険金はないのですが一生涯保障が続きます。保険料の支払い方により有期払込タイプ(一定の期間保険料を払い、その後は支払いをしなくても保障が受けられる)と終身払込タイプ(一生涯(契約期間中)は保険料を払い続ける)とがあります。

支払い方法で注意が必要な事は「ステップ払い込み」と呼ばれるものがある点です。これは最初の保険料を低く抑え、一定期間経過すると保険料が高くなる払い込み方法なのですが、最初に支払う保険料の低さだけに注目してしまい、一定期間経過後の保険料を見落としてしまいがちになることがあります。現在は保険料を低く抑えたいけど、保障は大きくしたいといったときには有効な払い込み方法となりますので、その違いを理解して契約しましょう。

News

生命保険の知識

生命保険の内容

いろんな生命保険

お得な情報



リンク